株式会社 山協商事グループ

FrontPage

west
代理店:株式会社 グローカル・ネット



メガソーラー全国設置件数 第一位!


他社にはない安心長期保証!

s_c2 (1)

コンパクトソーラーのお問い合わせはこちら ← クリック

お問い合わせ

低価格・長期保証を約束するコンパクトソーラー!

「コンパクトソーラー」は20年間完全収益を約束する低圧パッケージ。

コンパクトソーラーとは

「コンパクトソーラー」は、10~50kW未満の低圧領域をカバーするパッケージの太陽光発電システムです。産業用の「低圧」領域は、広大なスペースを必要としない上に、導入やランニングコストが低いため手軽に始めやすく、収益を上げやすいのが魅力。
工場や倉庫・店舗などの屋根や、相続地や耕作放棄地など、ちょっとした空きスペースを有効活用して、収益の高い売電ビジネスを始めてみませんか。

産業用「低圧」をおすすめする理由

s_img_concept_02 (2)

30坪からできる「全量買取」

全量買取制度の対象となる10kW以上のモジュールを設置するのに必要な面積は、およそ30坪。他の方法では活用が難しい広さでも、「低圧」なら売電収入を生み出すことが可能です。

初期費用を抑えて高利回り

50kW以上の高圧領域で必要なキュービクルが不要です。
「低圧」は初期費用を抑えられるので、確実な利回りを実現します。

申請が容易で、短工期

「低圧」の設備認定は、経済産業省から申請が可能です。また、工期も短いので手軽に始められます。

グリーン投資減税が適用

導入の際には、グリーン投資増税を適用することができます。設備費即時償却すれば、その金額が利益から丸ごと差し引かれるので、大きな節税効果があります。



実績日本一

ウエストホールディングスは太陽光発電No.1
「メガからイエまで」を実践し総合力で評価されています

暮らしを豊かにする電力が、暮らしをおびやかす電力であってはならない。子供たちの未来のために太陽光発電の普及に取り組み、現在ではメガソーラーをはじめ公共・産業用、住宅用まで国内No.1の施工実績の会社に成長していきました。設計から提案、資材調達、施工、アフターメンテナンスまでフルサポート体制で、より安全で、公立のよいエネルギーを供給する仕組みを作り上げています。
太陽光発電の入口にあたる太陽光電池モジュールについては、日本の自然環境に最適な太陽光発電をプロデュースするために、世界中に視野を広げ、品質の優れたものをボーダレスで選りすぐってご提供しています。私たちはユーザー目線でこれまでにも多くの海外メーカーの製品を日本市場に適したコーディネートにして、国内に普及させてきました。これからも日本市場の変化に敏感に対応し、そのニーズを国内外での製品開発にフィードバックし、日本で安心して設置していただける製品を、太陽光発電のシステムインテグレーターとしてお届けしてまいります。


太陽光モジュールはウエスト「JAPAN」ブランドとして、
素材を含め製品チェックまでトータル管理

WEST-60-2503BB/35は、各構成素材を国内外のメーカーからセレクト、製造委託先と協議を重ね、日本の気候風土をふまえ、発電量にこだわった製品作りを行ったパネルです。
商品加発生産管理・品質管理を含めた製造委託先は、中国・上海に本社をかまえるユナイテッド・クリスタル・テクノロジー(UCT)です。
UCTは、LDKの創業者のひとりであり、かつ2012年までJAソーラーのCEOを務めた太陽光発電の業界では世界的に有名で、高い信頼と評価を受けている「方朋(Peng Fang)博士」が率いる会社で、先進の知識と技術で太陽光発電のリーディングカンパニーです。


太陽光モジュールは
世界的第三者認証試験機関であるTÜV SÜDをはじめとする各種認定マークを獲得

TÜVSÜDは、ドイツに本社を置く第三者認証試験機関です。主にドイツをはじめヨーロッパ諸国、その他海外に輸出される工業製品の安全試験・認証を提供し、全世界の800以上の拠点と約19,000名の専門家が世界各地でサービス展開をしています。対象となる製品は、電気・電子機器、産業用機械、医療器械など多岐にわたります。
また日本においても、担当省庁の許可・指定により国内向けの評価サービスを展開しています。一般社団法人太陽光発電普及協会 太陽光発電普及センター(J-PEC)の補助金指定商品として認定されます。
さらにTÜV SÜDは、太陽光発電の安全性・信頼性評価認証「メガソーラー評価サービス」があり、既に全世界で2ギガワットの評価実績をもっています。


発電する太陽電池モジュールにこだわり、
PID検査にこだわって、長期の発電量と安心をご提供

他の国内メーカーも採用しているOEM生産方式ですが、発電量にこだわるウエストでは、高温多湿の状況下で太陽光モジュールの出力が低下するPID現象は、日本の気候風土からも必須の品質チェック項目。
入荷された太陽電池モジュールを委託先まかせにせず、発電品質チェックのためにPID検査を実施し、その結果をフィードバックして製品作りに反映させています。
温度60度、湿度85%、ガラス表面水張りの環境下に96/168時間という過酷な条件設定で試験処理した後、PID発生確認試験(EL検査)を行い、品質チェックと安定した製品供給を実現しています。長期間の発電量を確保するために重要な検査です。


コンパクトソーラーのお問い合わせはこちら ← クリック

お問い合わせ


a:7966 t:5 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional